まっさんのWEBマーケティング・メモ

学び自分用メモ。WEBマーケティング、ごはん、進撃の巨人など何でも。メモなのでなぐり書き

【初級者向け】フィリピンでやるべき20のこと

ジョリビーにいく

ジョリビーはフィリピン国内で800店舗を構える「フィリピンの国民食」

マクドナルドが400店舗に対して、その倍もあるわけだからすごい!

ファストフード市場の50%のシェアがあるらしい。

 

ハロハロを食べる

ミニストップでおなじみのハロハロ。

実はフィリピンの食べ物なんですね!

ハロとはタガログ語で混ざるという意味で、ハロハロと続けると混ぜこぜにするという意味に転じる

f:id:davidsling:20151026105020j:plain

ハロハロ - Wikipedia

 

 

【コンテンツマーケティング成功事例】美容師さんSEOに挑戦!半年で700記事の思い。

感動した!!!!

コンテンツマーケティングとかそんな薄っぺらい用語では、語れない成功事例。
その成功要因は1つは間違いなく、アクセスが少ないモチベーションがあがらないつらいときでも、お客さんに必要なものを書き続けたその思いそのもの

お客さんに絶対役立つはずという思いだけでなく、このままだと終われない、という折れそうだけどなにくそ~~~と思う自分の意地もあったはず。

それらが成功要因の1つであることは間違いない。

以下引用・写真はすべて上記のサイトからになります

成功要因まとめ

1.ネットにないけど知っておくべき専門的知識

14年分の毛髪理論や薬剤知識

これがベースにあってこその出発できたわけ。

 

2.差別化されたサイト作り戦略

 最近では美容師さんの中にも自ら個人メディアを持つ。毎日ブログやソーシャルで情報発信をする。こういったことも一般的になってきています。
 その為、例えば1日1記事といった具合にゆっくり記事入れしていても、後発の自分が勝てるわけがない。
 そこで周りの人間が少し頭がおかしいと思うくらいの量を入れること。具体的にはオープンまでの5ヶ月で1,000記事を入れる計画を立てました

 いばらの道を選んだ感はありますが、何かしら差別化ポイントがないとやはり勝てないですね。

 

3.モチベーションの維持の仕組み

4.コンテンツの半自動生成の仕組み

500記事ほど入れ終えた5月当たりから徐々にサイトに訪れたお客様からポツポツとLINE@経由でお問い合わせが発生し始めました。…

f:id:cozycozy7777:20151012235730p:plain

最初は毎日1〜2件だったものが、徐々に3〜4件程度に。多い時にはサロンワーク終わりにご質問が5〜6件たまっていることもあります。もちろん、LINE@で質問に答えるのは時間もかかります。しかし、こうやって頂いた質問もそのままサイトの記事に活かすことができます。

 LINE@の導入で、アクセス数が少ないながらもユーザーさんからの反応を得て、モチベーションを保ちそして、もらった質問を記事にしていく、というコンテンツ生成半自動化に成功。コンテンツを長く生成するのに絶対に必要な2要素を獲得したわけですね!

 

5.バイラルコンテンツでのサイト露出

そうやって色々とアイデアを考えている中で、試した企画が「サンフレのユニをキレイなお姉さんが着るとどうなりますか?」でした。

f:id:cozycozy7777:20151013001045p:plain

サイトに面白い企画がのっているので、ぜひチェックを! 

 

そしてわすれちゃいけないのは、

6.絶対にあきらめない思い

確かに、毎日検索エンジンからちょろちょろとアクセスは集まるものの、思ったような伸びにはならず。いわゆるユニークのアクセスが1日100ちょっと。ページビューも200前後といったところでした。
 加えて、このタイミングあたりから美容師としての記事ネタも徐々に思いつかなくなってきてしまいました。
 人間、いざ500記事近く入れてみると分かりますが、このくらいから全く新しい記事ネタが浮かばない。14年分のキャリアを棚卸しするつもりが、急に更新頻度も落ちてしまいました。この辺りでモチベーションとの戦いはありました。正直心が折れそうになりました。

誰もが経験するこの苦しさ。ここを乗り越えた人間だけだが、次の世界を見ることができる!

【ブログデザインが3分で生まれ変わる!】見出しのCSSカスタマイズ集

チェックマークや矢印マーク、十字マーク、円マーク、青フキダシなどいろいろあり!

 

吹き出しのさまざまな種類や、リボンタイプ、テープタイプ、モザイクタイプなどかなりの数あり(下2サイトは結構かぶっている)

H1一つでここまで出来るCSS見出しデザインのアイデア9個 / SQUEEZE - Web Design Studio -

CSSのみで実装された今風のh1デザイン30選 | NESTonline Blog

 

「端に丸」あり!これは独特な感じ

CSSの擬似要素を使った見出しデザイン|Webpark

 

オレンジと青。四角の見出しなど

 

検索アナリティクスAPIを使って5000件の検索クエリーデータを取得!

新しい「検索アナリティクス」の不便さ

新しい検索アナリティクスは検索クエリと比べると非常に優秀なツールなのだが、1つ難点がある。ダウンロードできるデータが999件までに限定されていることだ。これでは、規模が大きいサイトでは十分なデータを得ることができない。

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/09/11/20991

 

検索アナリティクスで999件の制限を超えてデータを調べる方法

グーグルが先日公開した検索アナリティクスAPIを使えば、最大5000までは取得できるとのことだ。

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/09/11/20991

 

 

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 検索アナリティクス API のご紹介

【当たり前だけど本質的】SEO競合調査で必要な4つのこと

SEOのツールなんていらない!SEOの競合調査に必要なのは…

まずは、SEOツールが使えないと主張するマーケターの記事↓

  1. 無料ブログでは、なかなか独自ドメインに勝ちにくい
  2. Naverまとめ最強説は信じなくていい
  3. Mozのページオーソリティ(PA)、ドメインオーソリティ(DA)はあてにならない
  4. 文字数も多ければいいってわけじゃない (2000~3000文字くらいあれば十分な感じもあるよね。)
  5. はてぶ数も関係ない。
  6. 1ページ完結型よりも、内部リンクを上手く使ったページは強い気がする。
  7. 被リンク(SEOチェキで分かる数)はあてにならない。

SEOチェックツールを使った競合調査って必要?ツールはいらないっていう証明をしてみた | ブログマーケッターJUNICHI

 

そして、Web担の記事より、本質的に大事なことは

f:id:cozycozy7777:20150928213207p:plain

コンテンツに着目した競合調査を4つのステップに分解して説明している。

  1. 狙いたいキーワードでグーグル検索する
  2. 検索上位のコンテンツの情報をメモする
  3. ユーザーの質問の意図と知りたいことをリスト化する
  4. 検索ユーザーに提供すべき情報をユーザーが理解しやすい順番に並べ替える

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/09/11/20991

 

とりあげた意図

すんごくあたり前で単純なんだけど、本質的だな~と思ったのでメモ。こんなことわかっている!っていう人がほとんどだけど、実際にはできていないだよね、これが!

 ブログでは一刀両断されてしまっているがSEOツールはサポーティブな役割を果たすのは間違いないので、ツールをうまく使って効率的に上位サイトを分析できれば、すぐにSEOマスターになれるだろう。

【我慢の限界!?】野放しYahoo!サジェスト検索(虫眼鏡SEO)に怒りの声

シルバーウィーク前に、Web担で指摘されたYahoo虫眼鏡の悲惨な状況

Web担では、アフィリエイターが群がるKWDの代表格である、「車買取」や「脱毛」が例にあげられていた

f:id:cozycozy7777:20150928202050p:plain

f:id:cozycozy7777:20150928202206p:plain

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/09/18/21049

 そして、SEOコンサルタントである株式会社so.laの代表、辻正浩氏のtwitterコメントが掲載されていた。

ヤフーの方によるセミナーで「Yahoo! 検索の33%が入力補助を使っている」という話がありましたね。虫眼鏡だけの事じゃないと思いますが相当使われている事は確か。でも、そんな便利なものが汚染がひどくて停止されるのが多かったり、リスティング広告で被害があったりというのは微妙かなと。

サジェストスパム、もう、GoogleのAutoComplete採用しちゃうか、全力で事件にして巨額の損害賠償を請求してニュースにしてほしい……

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/09/18/21049

 

Yahoo側はシルバーウィークにこっそり部分的に洗浄完了!?

「検索サポーター」によると、指摘があった部分に関しては、既に対応がなされたとの記事

現在、「車買取」「脱毛」で検索をすると、元記事のようなサジェストは表示されません。

【SEO、SEM】Yahoo!が再度サジェスト検索(虫眼鏡SEO)を洗浄しましたが、根本的な解決にはまだ至らず - 検索サポーター

 

そして、疑問がなげかけられる。

なぜYahoo!は対応(洗浄)に後ろ向きなのか?

 

そして、その一つの解として提示されるのが、

サジェスト汚染は自然検索(SEO)だけでなく、リスティング広告にも影響を及ぼします。

 

それは、サジェスト汚染を行っている業者が自分達の検索クエリを送った際に、バレないようにカモフラージュを兼ねてオーガニックの検索結果だけでなく、他社(ライバル)の広告もクリックするからです。

 

これはカモフラージュの意味はもちろん、他社の広告をクリックすることで出稿している側は無駄な広告費を払うことになる、即ち(攻撃して)ダメージを与える行為でもあります。

 

なるほど…スパム行為を取り締まると、この部分の売上減少がYahooに影響を与えるという可能性がある。これが事実だとすれば、それだけ影響額が大きいのでトンデモナイことになる。筆者自身うがった見方とおっしゃているが、100%ないとはいいきれいない。Googleと違って、Yahooならやりかねない。。。

 

インターネットの未来のために

 以前より私も、ウェブ全体の信頼性を損なう恐れのあるこの問題をなぜ放置するのか疑問だった。検索シェアNo1のYahooで検索してもまったくユーザーフレンドリーでない検索キーワードがレコメンドされてしまう。

 これは中長期的にマクロな視点でみれば、検索の信頼性、さらにはインターネット全体の信頼性を損なう行為になりかねない。インターネットの情報の信頼性に疑問を抱き検索行為を控えている人々はまだまだ大勢いる。この人数を増やしてはいけない。インターネットという民主主義の一大メディアを育てる必要がある。その信頼性を高めるために、日々グーグルが努力しているように、グーグル以外の企業も努力しなければならない。それが中長期的には個々のネットカンパニーに還元されるのは間違いない。

 ミクロな理由は何であれ、YahooにはNo1ポータルサイトという存在の大きさを中長期的な視点から再認識してもらい、社会的に非常に重要な責任という観点から、この問題にあたってほしい。