まっさんのWEBマーケティング・メモ

学び自分用メモ。WEBマーケティング、ごはん、進撃の巨人など何でも。メモなのでなぐり書き

「容疑者Xの献身」からみる、人生かくあるべき

今日は、昨年みた容疑者Xの献身をふと思いおこしたので、

そこから学んだこと。

 

すべての配役が素敵すぎて、寸分の狂いもない美しさに仕上がっている、

映画なので、今更どうこうってことはないんだけど、

 

注目は、もちろん天才数学者の石神さん。

 

石神さんの不器用さが、なんか自分とかぶる。。。

なんてことはおいておいて、

石神さんから、人生かくあるべきと学んだのはこのシーン。

 

 

天才数学者である彼は、人生をかけて、

数学の難問である4色問題を追う。

大学でも、自宅でも、学生のときでも、研究職のときでも、

不本意ながら高校教諭になっても、

美しい解を求めて、その問題と向き合う。

そして、彼が刑務所に入ったときでも、彼は4色問題とともにあった。

 

四方八方を壁にふさがれた、物理的自由のない状況下で、

彼は4色問題とともにあった。

おそらく、ず~~と、4色問題と向き合った結果、

彼は4色問題という人生の友を得たのだろう。

4色問題は彼の人生を豊かにした。どんな物理的生涯もその友を阻むことはなかった。

かれは精神的自由を得ていた。4色問題に向き合う彼は、無邪気な子供だ。

 

 

生涯友となる難問に向かいあうことで、人生は豊かになる。

物理的生涯から解き放たれて、精神的自由を勝ち得ることができる。

人生はかくあるべきだと、この映像をみて思う。

すばらしい映画をありがとう。