まっさんのWEBマーケティング・メモ

学び自分用メモ。WEBマーケティング、ごはん、進撃の巨人など何でも。メモなのでなぐり書き

就活で勝つための技術1

f:id:cozycozy7777:20130728085639j:plain

就職活動は、好きな人を落とすことにたとえられることがあるけど、

これはある部分あっているし、ある部分間違っているかな。

 

まずは、あっている部分をみることで、

就活で勝つための技術のエッセンスを抽出してみよう。

 

1.好きな人を落とすための基本アプローチ

好きな人を落とすために何をするだろうか?

中には何もせずに、ストレートに真っ向勝負なんて人もいるだろうけど、

確率論的には恐らく別のアプローチをとったほうが成功確率はあがるだろう。

 

大概の人は、

-------------------------------------------------------------------------

1-1趣味・嗜好など好きな人を知る

-------------------------------------------------------------------------

ことから始めるだろう。

・直に話して情報を得たり、

・周辺にいる友達から情報を得たり、

・そしてまた、Facebookのチェックも必須だろう。

 

 

それから、

-------------------------------------------------------------------------

1-2好きな人と自分の共通点を探る

-------------------------------------------------------------------------

だろう。

共通の話題を増やして、なるべく話しも盛り上がるように、

あ~あの人は、芸能人では自分と同じ●●が好きなんだ。

食べ物は●●が好きなんだ。出身は○○で友達の●●と同じところだ。

 

 

でも、それだけでは足りないと、

-------------------------------------------------------------------------

1-3自分ができる範囲で、もっと共通点を増やす努力をする。

-------------------------------------------------------------------------

あの人、テレビ番組の○○が好きだから、自分もそれまで見てなかったけど、

ちょっと見てみよう。

芸能人の○○が好きらしいから、服装とか真似してみようかな・・・

 

 

それから、共通点だけではいい友達で終わってしまう可能性が高いので、

-------------------------------------------------------------------------

1-4好きな人が求めている人物像を探りそれに近づこうとする。

-------------------------------------------------------------------------

好きな人がどういう人を恋人にしたいのか、

その人が何を求めるのか、必死に探ることになるだろう。

そして、自分がその人物像にあっているかどうか、

判断することになるだろう。

まあ、あっていなくても、好きな人への思いは断つことはできないので、

なるべくその像に近付けるように努力するだろう。

 

 

-------------------------------------------------------------------------

1-5それを踏まえて、好きな人に自分の思いを伝える。

-------------------------------------------------------------------------

上記のプロセスを経ながら、徐々に思いを伝えていくことがほとんどだと思うけど、

最終的な思いを伝える段階がやはり必要になってくる。

どこで、どんな言葉で、どういう格好で伝えるのか。

こう言われたらどうしようか?

何度も頭の中でシミュレーションしながら、アプローチすることになるだろう。

 

 

2.就職活動で内定を得るためのアプローチ

上記のプロセスは就活においても同じだと思う。

-------------------------------------------

2-1企業について知る

2-2企業と自分の接点を知る

2-3企業と自分の接点を増やす努力をする

2-4企業が求める人物像を知り、それに近づく努力をする

2-5面接に臨む

-------------------------------------------

 

 

3.就活で勝つための技術

ここが味噌!

上記で述べたことで、特に

-------------------------------------------

2-4企業が求める人物像を知り、それに近づく努力をする

-------------------------------------------

が大切なんだけど、続きは次回にて!