まっさんのWEBマーケティング・メモ

学び自分用メモ。WEBマーケティング、ごはん、進撃の巨人など何でも。メモなのでなぐり書き

テレビTVCM 印象に残った50のTVCM 2013

 

 

2013/12/31 みつばちほけんグループ 壇みつばち

・だんみつ⇒だんみつばち⇒みつばちほけん すっと頭にはいってくる 

記憶への定着○

・ だんみつの上から叱るキャラ⇒保険入らないとだめ 違和感なし

⇒インパクト○、記憶◎、内容訴求○ いいクリエイティブ

 

2013/11/14 日経電子版「やわらか経済NEWS」カレンダー篇

●答えがきにな~~~るテレビCM、思わず検索してしまいました。

●シリーズもので何度もみてしまう。

●他にも、

日経電子版「やわらか経済NEWS」カレーうどん篇

日経電子版「やわらか経済NEWS」松阪牛篇

日経電子版「やわらか経済NEWS」マグロ漁船篇

http://pr.nikkei.com/cm/

●2位は大みそか 1年で最もお金を使う日は?

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGF1800Z_Y3A210C1000000/

 

 

 2013/10 TVCM | au「MNP 社員食堂」篇 30秒

 

 

 2013/09/12 Google Nexus 7: Dance with Students

●Googleグーグルにしては比較的わかりやすく、感動的なストーリーCM

●Googleグーグル検索が人の可能性をのばすということが、Googleらしくスマートに表現されている

●TabletのCMというか、Googleグーグル検索のプロモーションやコーポレートブランディングとしては秀逸

●YouTubeの再生回数も400万回(11月現在)突破している。ただ、Badが10%ほどと多くなっているのは、まだまだわかりにくい点と上記の要因が関係しているのでは。

 

 

2013/08/09 

 ●以前から話題になっているホログラムを活用したauのCM

●auのCMとしてみなければ非常にすぐれた芸術作品だが、

auが何を訴求したいのか不明なCM

●YouTubeの視聴数が1,000,000を超えて話題にはなっているが、

コメントをみてもわかるとおりauが打つべきCMかどうかは非常に疑問

 

 

 2013/07/21 【スプライト】 TVCM「スプラッシュ自販機」篇 30秒 Sprite TVCF

●スプラッシュマシーンを設置するという秀逸な企画

● 夏にピッタリあった訴求。露前と真夏にテレビCM。

特に猛暑で乾ききった喉と全身を、スプライトで潤したくなる!

●オンラインと合わせた広告で、オンライン上でも話題に

 

 

 2013/07/19 Google モバイル:さがそう。「二人の夏休み」

●水圧で空を飛ぶ

 

 

  2013/6/20 TVCM | au「きゃりー歌番組」篇 30秒

●の~りの~りのりかえる~という記憶に残る歌

●きゃりーぱみゅぱみゅの起用もあって非常に記憶に残りそうだ

●歌詞そのままにauにのりかえるというキャンペーンも分かりやすく秀逸

 

 

  2013/05 ゼクシィ新CM配信 お笑い芸人30人の本気プロポーズ

●お笑い芸人30人が登場する一連のシリーズで完成する

●すべて合わせると、YouTubeでも膨大なビュー数(100万程度)を獲得 

●お笑い芸人だけでなく、

CMガールの松井愛莉(まついあいり)さんも、かわいすぎとオンラインで拡散

●結婚式場のゼクシィが、プロ―ポーズという潜在層へ向けたアプローチ

 

 

 2013/04 LOTO7 ロト7 CM 柳葉敏郎 妻夫木聡 ②

●サラリーマン・OLを中心に幅広い世代に受け入れられている2人の俳優を起用

●柳葉敏郎の失態名演技に目が釘付け

●シリーズ化

 

 

2013/04/02 New グリーンダカラちゃん 2013 CM 一挙見

●広告の3B のうち Babyでの訴求

●かわいすぎ!しずくちゃんがテレビでもオンラインでも話題に!

 

 

 2013/02/14 TVCM | au「FULL CONTROL / REAL」篇 60秒

●薄い透明な膜に光を投影して、映像化する話題の技術「ホログラム」を使ったCM

●「ホログラム」すげ~ってなるけど、認知度十分なauがなぜこれを採用して、

 認知を求めるのかは謎。

●私はあまり理解できないが、ブランドイメージをつくるCM

●ただ、これをみてauすごい!auに切り替えよう!とはこれっぽっちも思わない

 

 

2013/01/12 たのCM ダイワハウス「ベトナムにも」篇 60秒

●インパクトは抜群の役所さん大和ハウスCM、認知という観点ではすばらしいクリエイティブ

●しかし、誰に何を訴求したいのか理解しがたい

●その後のシリーズでも、インパクトは抜群だが、何をしたいのかがよくわからない

 

 

2013/01/06

●お父さん・お母さん世代(50代)の人が、これをみて食べたくなるわ~と

●購入アクションを促す

●アクションを起こすことで得られるものを訴求する、『フューチャーペイジング法』をつかって麺の美味しさを間接的に表現

フューチャーペイジング法=近い将来の喜びを具体的にリアルに思い描くこと↓

http://haigansyoki11.seesaa.net/article/232322526.html

http://www.lpo-consulting.com/2013/03/technique3/