まっさんのWEBマーケティング・メモ

学び自分用メモ。WEBマーケティング、ごはん、進撃の巨人など何でも。メモなのでなぐり書き

SEOに役立つ記事まとめ

 

グーグル、自然検索結果にGoogle+に投稿したコンテンツの表示を開始

・グーグルが、ウェブ(自然)検索結果に、Google+に投稿されたコンテンツの表示を開始した。

・検索キーワードに合致したGoogle+投稿内容がある場合に、検索結果に当該人物のプロフィール写真とともに表示される。

・Googleアカウントにログインしているユーザーの検索結果に表示される。

http://ascii.jp/elem/000/000/849/849831/

 

SEOの知識をインプットするために知っておくべきサイト

・自社サイトのアクセス数を伸ばしたい方必見!SEOの知識をインプットするために知っておくべきサイト7選

http://u-note.me/note/47486940?page=1

 

スマホアプリの中身をグーグルがインデックス&検索結果に表示する時代に

・スマートフォンからグーグルで検索すると、その端末に該当するアプリがインストールされていれば、検索結果から該当するアプリのコンテンツを直接開ける。通常とは異なりウェブページにはアクセスしないのだ。

・App Indexingはまだテスト段階のため、現時点で利用できるのは一部

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2013/11/08/16376

 

・App indexing allows you to connect pages from your website with specific content within your smartphone app. This enables smartphone users who have your app installed to open it directly from relevant mobile search results on Google.

https://developers.google.com/app-indexing/webmasters/

 

これからのSEOの成功の鍵はブランディング by Jim Boykin  

・セッションテーマは、「ペンギン導入後の時代におけるリンクビルディング」

・リンクビルディングの時代は変化した

・情報源になることが常に望まれる

・ブランディングが成功の鍵

・アドバイス

ブランド/コミュニティを形成する。

ショートテールを追うことをやめる。

リンクや言及を得るためにすばらしいコンテンツを書く。

インフルエンサーとの繋がりを築くことを始める。

“シグナル”(ソーシャル、リンク、参照トラフィックなど)を獲得できるページだけを新たに公開する。

ソーシャルな場所から自分のサイトへシグナルとトラフィックを得る。

自分の業界のハブサイトやオーソリティサイトから自分のサイトへのシグナルを得る。

人々を繰り返し訪問させる方法を見つける。

サイトでの著者を有効活用する。可能なら著者(のサイト)からリンクを得る。

リンクを求めなくてもいいように、偉大な情報源になる。

http://www.suzukikenichi.com/blog/jim-boyikin-talks-about-brand-building/

 

わっしょい。アメブロなどの外部無料ブログからのリンクに意味が無くなる日

・GMOの運営する無料ブログのヤプログ!からのリンクがすべてnofollowになったというのがございました。

・Yahoo!知恵袋なんかは昔からそう

・現在はまだブックマークだけですが、そのうち本文からもすべてnofollowになる可能性が大とわたしは思います。

・ヤプログ!だけで他は野放しということはしないでしょう。アメブロはおろか、無料のブログすべてがnofollowになる日も近いのではないかな。

http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=9347

 

SEO対策のパフォーマンスを手っ取り早く改善する方法とは?ゴルフダイジェスト・オンラインと楽天GORAのSEO対策を徹底比較

http://blog.marketing.itmedia.co.jp/kurosu/entry/483.html

 

keywordploblem.jpg

・(他の業界で使われている)方法を実際に自分の業界でできるかどうかを考え実行し検証する

・リブセンス社が運営するdoor賃貸は、検索したユーザに対して紹介する情報が無い際は「このページを見たユーザは他の情報を見ています」という形で、別の情報を提案することで検索エンジンにページを認識させる工夫をしています。