まっさんのWEBマーケティング・メモ

学び自分用メモ。WEBマーケティング、ごはん、進撃の巨人など何でも。メモなのでなぐり書き

成長を加速させる方法 「千手観音」プロジェクト

退職してちょ~フラットな組織で仕事をして、6カ月が経つ。

 

クライアントさんや知り合い会社でごりごりやっている人や前職の人達に

あうとよく思うことがある。

 

ちょいと、自分の成長スピードが鈍化してやしないか?

 

少しのんびりするためにも転職したので、その分成長スピードが落ちるのは

望むところなんだけど、予想以上に成長していない自分を感じてしまう。。。

 

理由はどこにあるか、考えてみる。

 

思いつくのは、

①媒体営業だけに、P中心になってしまっており、DCAをきっちりまわせていないのでは?

②PDCAを回せる組織を持っているか持っていないか?

というPOINT。

 

①はもっとクライアントさんと仲良くなるとか、

他チームの人からの情報量を増やすとかでカバーするとして、

今日は②について、

 

例えば、自分の下に3つのチームがあって、

それぞれにごりごり仮説+検証をたてて、PDCAを回せる人がいるとする。

 

そうすると、例えば自分の仮説があって、それを検証したいとき、

ポンとチームに投げるだけで、OUTPUTがでてくる。

また、仮説のもとになるデータを頼んでも、自分の手を動かさずに、

ポンと元データがでてきて、深い仮説がたてられる。

1チームもっているだけで、圧倒的にPDCAを回す速度は速くなる。

 

もしそれが3つのチームだとすると、それが3倍にもなる。

もしかしたら、

各チームから生み出された成功体験がおりあわさることもありうるので、

さらにPDCAをわます速さが3倍以上になる可能性もある。

 

1人でやっているよりも、組織でやると何倍も速くPDCAを回せるのだ。

 

この話しを隣りの座席のピエール氏にすると、

それは「千手観音」VS「人間」に等しいと。

手をたくさん持っている千手観音と人間、どんどん処理できるのは「千手観音」だ。

手が1つ1つちゃんと機能して、手を統制する能力が発揮できればの話だけど。

 

そこで、決めた。

「千手観音」になれる環境作りに努めようと。

 

とはいっても、会社で出世しようという気はさらさらないので、

もっと新しい仕組みで。

せっかくこういう考える機会があったのだから、

新しい仕組みにチャレンジしてみよう!

 

たとえば、

会社で出世しなくても深みのある成功体験を吸い上げる仕組みを提唱しつつも、会社とは別に自分自身で別途組織を抱えることで、会社と自分の事業で相乗効果を発揮させ、「千手観音」になるとか、そういう感じ。

 

クリエイティブノマドワーカーを気取る自分としては、そのテーストを保ちながら、

新しいものを創りあげたいね。