まっさんのWEBマーケティング・メモ

学び自分用メモ。WEBマーケティング、ごはん、進撃の巨人など何でも。メモなのでなぐり書き

もし「意志」があれば、あなたがたはまだ見ていない真実のことを待ち望む

「意志」とは物事を完全に知ることではない。したがって、もし「意志」があれば、あなたがたはまだ見ていない真実のことを待ち望むのである。(アルマ32:21)

 

この言葉いろんな観点から見ることができるが、

今回は、「まだ見ていない真実のこと」に着目してみる。

 

「まだ見ていない真実のこと」とは何だろうか?

それは、4つある。私の「意志」は弱いが、まだ見ていない4つの真実を信じる「意志」は、日増しに強くなりつつある。

 

1つ目は、この世界が試練の世界であり、成長を楽しむことが生きることであること。そして、この世の先に、また新たな世界が広がっていることである。

 

2つ目の「まだ見ていない真実のこと」は、この試練の世界にあって、家族が今まで以上に成長し、より崇高な人物になることである。

 私の奥さんは「気付く」ことが苦手なんだけど、気付いたことをスケジュール帳にまとめて、毎日朝と晩にそれを見返して、人を助けるための「気付き」のプロ、気付いたことをしっかり行う「実行」のプロになろうとしてくれている。

 奥さんがいつかより素晴らしい主婦になり、より輝きが増し加えられることを信じている。

 

3つ目の「まだ見ていない真実のこと」は、この試練の世界にあって、周囲の人々がさらに成長し、より崇高な人物になることである。

 以前は、人というのはそんなに成長しないもので、あたたかい目線で接するのではなく、できない人には冷淡なまなざしを向けていたので、「氷めがね」というあだ名でよばれるくらいでした。

 しかし、困難ないくつかの経験を経て、人の可能性/成長が徐々に楽しく見えるようになってきた。たとえば、前職で問題を起こしてやめていこうとした後輩たちが、どんどん社長や役員になっていって、世の中にいいサービスを残していこうと頑張っている姿は本当に素晴らしい。

 周囲の人々が、自分では到底及ばないより大きな人物になって、より多くの人々の助け手となることを信じている。

 人の価値が「すべてを包む者」の目に大いなるものであることを覚えておきなさい。(D&C 18:10)

 

4つ目の「まだ見ていない真実のこと」は、この試練の世界にあって、自分自身が今より成長して、より高まること。

 失敗を恐れ、プライドが高く、正しさから隠れようとする自分だが、そんな自分でも、今より成長して、より高みへとたどり着ける可能性を秘めていることを信じている。

 息子よ,あなたの心に平安があるように。あなたの逆境とあなたの苦難は,つかの間にすぎない。 あなたがそれをよく堪え忍ぶならば,「すべてを包む者」はあなたを高い所に上げるであろう。あなたはすべての敵に打ち勝つでろう。(D&C 121:7-8)

 

「まだ見ていない真実のこと」がいつか眼前に現れることを強く信じている。