まっさんのWEBマーケティング・メモ

学び自分用メモ。WEBマーケティング、ごはん、進撃の巨人など何でも。メモなのでなぐり書き

YouTube TrueViewで勝つためのクリエイティブ研究~理論編

TrueView広告の基礎知識

公式サイトクリエイターハンドブックより、YouTubeでのプロモーション

TrueView インストリーム

インストリーム広告はテレビ CM に似ており、広告表示対象の YouTube 動画の再生が開始する前に表示されます。視聴者は、広告が 5 秒間表示された後、広告の続きを見るか、スキップして動画コンテンツを見るかを選択できます。視聴者が広告を 30 秒以上視聴すると、広告視聴 1 回分の広告料(広告視聴単価)が発生します。

インストリーム広告には、これまでの動画コンテンツを単に使いまわすのではなく、下記の戦略に沿いながらクリエイティブで魅力ある広告を作成するようにします。

 

  • 短くする – 30~60 秒程度の長さにとどめます。

  • どのようなコンテンツかを伝える – コンテンツの一部を紹介するクリップを入れ、スタイルもチャンネルで提供するコンテンツと同じにします。

  • 最初の 5 秒間で引き付ける – 5 秒経つとユーザーは広告をスキップできます。続きを見たいと思わせるようなものにしましょう。

  • 行動を促すフレーズを入れる – 広告視聴後にどのような行動をとってほしいのかを具体的に伝えます。

  • 行動をとるまでに時間的余裕を与える – 動画の最後に 10 秒以上の時間をとって、ユーザーがクリックできるようにします。エンドカードのような、行動を促すフレーズを入れた静止画像を広告用に用意します。

  • 適切なタイトルをつける – 広告のタイトルはユーザーに表示されるので、単に「広告」などというタイトルにはしないようにします。タイトル用のスペースを利用して改めて行動を促すフレーズを表示し、「チャンネル登録してください」などのような名前をつけます。

  • プロモーション対象のチャンネルにアップロードする – プロモーション対象のチャンネルに、限定公開または公開の動画として広告をアップロードします。

http://www.youtube.com/yt/playbook/ja/promotion.html

 

成功例から学ぶ!YouTube動画広告「3つの勘違い」

【勘違い1】動画はプロが制作しなければならない

【勘違い2】動画はバイラル(伝染性のあるもの)でなければならない

商品や目的によってはターゲット顧客が限定されるため、必ずしも万人に受ける・伝染性のあるものである必要はないのです。

【勘違い3】動画はユーモアがあるものでなければならない

http://www.movie-times.tv/overseas/1347/