まっさんのWEBマーケティング・メモ

学び自分用メモ。WEBマーケティング、ごはん、進撃の巨人など何でも。メモなのでなぐり書き

ユーザー目線の勘違い ユーザー目線とは、 「ユーザーの立場に立つこと」 ユーザーためにとは違う。

ユーザー目線の勘違いについて、サイバーエージェントの社長である藤田晋さんのブログから引用。

<抜粋>

セブンイレブンの鈴木会長だったと思う。

顧客主義について、ありがちな勘違いを

何かのインタビューで見事に言い表していた。

「顧客のために」と「顧客の立場に立って」は

違う。

子供のために子供を叱っているつもりでも、

子供の立場に立ってみればありがたくもない。

それと同じ。

http://ameblo.jp/shibuya/entry-11709772078.html

 

なるほど、すっごく勉強になった。子育てにもマネジメントにもビジネスにもいえること。

 

でも、「相手の立場に立つこと」と「相手いの立場に立って行動をおこす」ことの間にはまた隔たりがなくてはならないのだと思う。

 

なぜなら、勉強したくない子供に勉強の楽しさを伝えなければならないのが親の役目であるように、

相手の意に反する場合でも相手をより高次のところに導く可能性を常に模索するのがサービスを提供する側の役目であるはずだから。

それがマーケティングマインドとイノベーションマインドの違いであって、もちろんどちらも大切なのだが、世界をより創造的にするのは明らかに後者である。