まっさんのWEBマーケティング・メモ

学び自分用メモ。WEBマーケティング、ごはん、進撃の巨人など何でも。メモなのでなぐり書き

ライフネット生命

 

 

ライフネット生命なぜ人気 異端過ぎるネット販促の源流 

f:id:cozycozy7777:20131123101807j:plain

・大事にしているのは、他社がやらない、やれないこと、やりたがらないこと

・「セツヤクエスト」は若い世代にお金のことを考えてもらう企画。10月23日から、ブログサービスを提供しているはてな(京都市)、ライフネット生命、マネーフォワード(東京・渋谷)の3社共同で始めた。節約体験をブログに書いたり、ツイッターに投稿したりすると賞金やアマゾンのギフト券が当たる。

・人気マンガ「ドラゴンボール」に関する調査では、生命保険加入を勧めたいキャラクターをランキングした。1位になった孫悟空について、「チチさんと結婚し第1子となる孫悟飯さんを出産した当時(20歳と想定)では、月額1,092円となります」と保険料を試算した。

・同社がターゲットとしている20代、30代の顧客が良く知るドラゴンボールを選んで認知を高めた。「セツヤクエスト」のドラゴンクエスト風、なすびさんの起用もターゲット顧客が引っかかるネタとなっている。

・「面白い」から「加入」への導線。就職や出産、身近な方が病気になった時など、生命保険には加入するタイミングがある。認知を高めて、生命保険の申し込みに至るまで、情報発信を重ねて複数回接触しないと、申し込んでみようかなということにならない

・地道なSEO(検索エンジン最適化)やオンライン広告で誘導を下支えする。同社のサイトは社名検索でたどり着く人が圧倒的に多い

・マス広告とソーシャルメディアの取り組みを組み合わせているだけでなく、リアルも展開する。セミナー50人ぐらいいないと効率が悪いかなと。でも、10人と話すと濃いコミュニケーションができて、口コミで広がっていく

・生命保険会社の選択理由は、(1)企業の信頼性・透明性、(2)販売チャネルの親しみやすさ、(3)保険料の安さ、(4)身近な情報の確からしさ、となっている。(2)には、一般の生命保険会社でいえば、外交員と知り合いだったり、熱心だったりするという理由が含まれる

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1803A_Y3A111C1000000/