まっさんのWEBマーケティング・メモ

学び自分用メモ。WEBマーケティング、ごはん、進撃の巨人など何でも。メモなのでなぐり書き

カラーバス効果で夢を実現?-成長するためにしっておきたいこと。

▼ぼ〜〜と本屋に立ち寄っていた受験時代

10年以上前になりますが、私が大学受験を目指していたころ、よく目的なしに本屋によって、ぼ〜〜といい参考書ないかな〜と探していた。

「センターはこれだけ」シリーズや
「実況中継」シリーズなどを、お〜〜と思いながらパラパラみていた記憶がある。

受験の結果は大惨敗。浪人に突入!しちゃいました。。。。

そして、
社会人になって、そこそこ成長することに対して
考えるようになってから、

ぼ〜と本屋に訪れているようなその態度こそが、
受験失敗の一因になっていたことがよくわかりました。


今の会社の社長がよく言う言葉に、

本屋に行く前に課題や目的を整理する。
そうすると、自分が本当にほしい本、本当にためになる本にであうことができる。

というのがあります。

実際にこの言葉どおりに実践すると、
お〜〜〜これこれ!と思っていた本に出会う確率がぐんと増えて、
この言葉の真実性を理解することができます。

はたして、なぜでしょうか???


▼カラーバス効果について
まずは↓の画像をぼ〜〜とみてください

さて質問です。

黄色の数字は何個あったでしょう??

すぐに答えられた人はすごいです!

答えられなかった人は、もう一度画像に戻って確認してください!

確認するとすぐにわかりますよね。

それは、黄色の数字が何個あるか探そう!
という課題意識・目的意識があるからです。

このように、人は世の中と向かいあうときに、
課題意識や目的意識という「メガネ」を通して、
向き合っている世界から情報を取得していきます。
これをカラーバス効果といういいます。

カラーバス効果(カラーバスこうか、color bath)とは心理学用語の一つである。カラーバスは「色を浴びる」の意。 意識していることほど関係する情報が自分のところに舞い込んでくるようになるといったものである。例えば、「今日のラッキーカラーは赤」といわれると、街でその色ばかりに目が行くなども、カラーバス効果である。

▼課題意識・目的意識が成長を加速させる

冒頭の受験の話しでいうと、

本屋に向かう前に、自分がどの教科のどの分野を鍛えたいのか、
きっちり書き出して、勉強の順番を整理すべきだっと思います。
それから優先順位の高いものを認識して、
本屋に向かえば、自分にとって、本当に必要な本にであえたのではないかと思います。

今、社会人として、30過ぎですが、将来何をしたいのかという夢や課題を整理しています。
そうすることによって、自分の夢に近づくための情報を日々の世界から
見つけ出しやすくなると、確信しています。

また、会社において、中間管理職をやっておりますので、
給与の評価のときも、
メンバーのみんなに、予算も大切ですが、それ以上に
ビジネスマンとして成長するために、
何をめざすのかという目的意識をなるべく、具体的にもってもらうようにしています。

カラーバス効果は、具体的であればあるほど、発揮されるようです。

カラーバス効果という特性をうまくいかすことは、
それだけ私たちが成長する可能性が増える
ということになります。

このカラーバス効果によって、
夢に近付き、課題が少しでも解決し、
そしてまた、わたしたちの成長が促進されることを願っています。