まっさんのWEBマーケティング・メモ

学び自分用メモ。WEBマーケティング、ごはん、進撃の巨人など何でも。メモなのでなぐり書き

英語教育

 

小学校高学年で英語を教科にするなど、国は大改革を目指していますが、地域差が出ることも心配されます。

・世の中すべてが、東京オリンピックが開催される2020年度を目指して動き出している感があります。文部科学省の英語教育改革も、この時期を目標に計画されました。

・小学校では2011年度から、5、6年生に週1回の「外国語活動」が必修化されていますが、これはあくまで教科外の「活動」。外国語に親しむことが最優先です。計画では、この「活動」を3、4年生に引き下げ、5、6年生は週3コマ程度の教科にします。教科ですから、教科書で学び、評価を付けることになります。

・中学や高校では、英検やTOEFLといった外部の検定試験で、教員の英語力が検証され、生徒の英語力も評価されることになります。高校ではすでに「英語で英語を教える」授業が進められていますが、これも中学校に引き下げ、高校では、討論や交渉が出来るレベルまで

・最大の課題は教える人材確保

・現在の「外国語活動」を支えているALT(外国語指導助手)を増やし、外部の人材を「特別非常勤講師」として迎えるといった方策も取られることになります

http://www.yomiuri.co.jp/job/biz/qanational/20131224-OYT8T00738.htm