まっさんのWEBマーケティング・メモ

学び自分用メモ。WEBマーケティング、ごはん、進撃の巨人など何でも。メモなのでなぐり書き

消えた伝説の料理人 新屋信幸

 

なぜ鹿児島へ?

・「悲劇」と言うのは、ガニエールが初めて東京青山へお店を出す事になり、彼の信頼の置ける元弟子であった新屋さんを召喚したい、彼なしではガニエールア東京は成功しないと言っていました。新屋シェフは、開店して盛況だったお店を閉めて、師匠へ恩返しがしたいとガニエール東京へ向かいました。

・新屋シェフはシェフ・ド・パルティ、魚か肉か前菜か何処かの担当を任されただけだった

・開店資金の借り入れができなくなり、新たにお店を開くことが出来なくなってしまったと推測

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11119692091

 

消えた料理人・新屋信幸(53歳)鹿児島の福祉施設で働いている[ザ・ノンフィクション]2014年1月19日 

・世界を舞台に三ツ星シェフとして名高いフレンチの巨匠ピエール・ガニェールの下で修業を積み、その後、東京「オーバカナル」のスーシェフ、「ブルーノート東京」のシェフを務め、41歳の時に大阪・日本橋で初めて自身の店「キュイエール」を開店し、予約が取れない店として繁盛させた伝説の料理人。しかし、突然彼に悲劇が襲う…  今、彼は料理の世界を離れ鹿児島の福祉施設で働いている。

華麗なる料理人人生を歩んできた彼に一体何があったのか?

http://goldenmoney7.seesaa.net/article/385517562.html

 

たこりきに伝説のシェフが!

・たこりきに大きな動きがあります。会員制の夜の営業のシェフが交代し、提供する料理もイタリアンからフレンチに変わります。新しいシェフはかって日本橋にあったフレンチ「Cuillere(キュイエール)」のオーナーシェフだった新屋信幸さんです。

・ガニエール東京店自体は割と早い時期に退職されていたようで、ガニエール東京店も今は閉店しています。その後は岡山県や香川県で腕を振るい、最近は鹿児島県「花の木農場」で無添加ハムや焼き豚の製造監修をされていました。

http://dragonztou.blog70.fc2.com/blog-entry-1624.html