まっさんのWEBマーケティング・メモ

学び自分用メモ。WEBマーケティング、ごはん、進撃の巨人など何でも。メモなのでなぐり書き

エビングハウスの忘却曲線のよくある誤解 間違ってますよ~

メルマガが届いたが、間違っているので解説。

ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスは、
人間の脳の忘れる仕組み、特に長期記憶について
実験を行い「エビングハウスの忘却曲線」を導き出しました。

 

人間の脳は、何かを学んだ時、
20分後には42%のものを忘れることがわかっています。

 

1時間後には56%。
1日後には74%。

 

1週間後には77%。
1か月後では79%。

 

この実験の結果がこのグラフです。

 

エビングハウスの忘却曲線

 

 

復習する場合(グラフのオレンジ色の線)と、
復習しない場合(青の線)では大きく
結果に差がでることがわかりますよね。

 

このメルマガは、覚えたことが急速に失われる
1~2日以内に、前日覚えたことに再チャレンジすることで、
覚える割合を、復習しない場合に比べて4倍に高めています。

 エビングハウスの忘却曲線は、よくある典型的な間違いだが、上記のように、覚えた割合を示しているのではなく、縦軸は覚え直すときに省ける時間の割合を示している。

つまり最初100分かかったとしたら、2カ月後には20分省ける、つまり80分で記憶できたということを示すだけだ。

何の脈略もない数字かなにかを記憶するのにかかった時間で計測しているが、その数字を2カ月後に20%も覚えていたら、結構な記憶のばけものだと思われる。。。