まっさんのWEBマーケティング・メモ

学び自分用メモ。WEBマーケティング、ごはん、進撃の巨人など何でも。メモなのでなぐり書き

【我慢の限界!?】野放しYahoo!サジェスト検索(虫眼鏡SEO)に怒りの声

シルバーウィーク前に、Web担で指摘されたYahoo虫眼鏡の悲惨な状況

Web担では、アフィリエイターが群がるKWDの代表格である、「車買取」や「脱毛」が例にあげられていた

f:id:cozycozy7777:20150928202050p:plain

f:id:cozycozy7777:20150928202206p:plain

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/09/18/21049

 そして、SEOコンサルタントである株式会社so.laの代表、辻正浩氏のtwitterコメントが掲載されていた。

ヤフーの方によるセミナーで「Yahoo! 検索の33%が入力補助を使っている」という話がありましたね。虫眼鏡だけの事じゃないと思いますが相当使われている事は確か。でも、そんな便利なものが汚染がひどくて停止されるのが多かったり、リスティング広告で被害があったりというのは微妙かなと。

サジェストスパム、もう、GoogleのAutoComplete採用しちゃうか、全力で事件にして巨額の損害賠償を請求してニュースにしてほしい……

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/09/18/21049

 

Yahoo側はシルバーウィークにこっそり部分的に洗浄完了!?

「検索サポーター」によると、指摘があった部分に関しては、既に対応がなされたとの記事

現在、「車買取」「脱毛」で検索をすると、元記事のようなサジェストは表示されません。

【SEO、SEM】Yahoo!が再度サジェスト検索(虫眼鏡SEO)を洗浄しましたが、根本的な解決にはまだ至らず - 検索サポーター

 

そして、疑問がなげかけられる。

なぜYahoo!は対応(洗浄)に後ろ向きなのか?

 

そして、その一つの解として提示されるのが、

サジェスト汚染は自然検索(SEO)だけでなく、リスティング広告にも影響を及ぼします。

 

それは、サジェスト汚染を行っている業者が自分達の検索クエリを送った際に、バレないようにカモフラージュを兼ねてオーガニックの検索結果だけでなく、他社(ライバル)の広告もクリックするからです。

 

これはカモフラージュの意味はもちろん、他社の広告をクリックすることで出稿している側は無駄な広告費を払うことになる、即ち(攻撃して)ダメージを与える行為でもあります。

 

なるほど…スパム行為を取り締まると、この部分の売上減少がYahooに影響を与えるという可能性がある。これが事実だとすれば、それだけ影響額が大きいのでトンデモナイことになる。筆者自身うがった見方とおっしゃているが、100%ないとはいいきれいない。Googleと違って、Yahooならやりかねない。。。

 

インターネットの未来のために

 以前より私も、ウェブ全体の信頼性を損なう恐れのあるこの問題をなぜ放置するのか疑問だった。検索シェアNo1のYahooで検索してもまったくユーザーフレンドリーでない検索キーワードがレコメンドされてしまう。

 これは中長期的にマクロな視点でみれば、検索の信頼性、さらにはインターネット全体の信頼性を損なう行為になりかねない。インターネットの情報の信頼性に疑問を抱き検索行為を控えている人々はまだまだ大勢いる。この人数を増やしてはいけない。インターネットという民主主義の一大メディアを育てる必要がある。その信頼性を高めるために、日々グーグルが努力しているように、グーグル以外の企業も努力しなければならない。それが中長期的には個々のネットカンパニーに還元されるのは間違いない。

 ミクロな理由は何であれ、YahooにはNo1ポータルサイトという存在の大きさを中長期的な視点から再認識してもらい、社会的に非常に重要な責任という観点から、この問題にあたってほしい。